PAGE TOP

企業情報


1871年(明治4年) 鴻池組創業
1918年(大正7年) 株式会社鴻池組設立
1929年(昭和4年) 砂糖取引所新築基礎ペデスタル杭施工
1931年(昭和6年) 鴻池組基礎部設立
1935年(昭和10年) 陸軍士官学校大講堂基礎ペデスタル杭施工
1960年(昭和35年) アースドリル機導入(国産1号機)
1962年(昭和37年) ベノトボーリングマシーン導入(国産1号機)
1964年(昭和39年) リバースサーキュレーションドリル(西ドイツPS-150型)導入
1971年(昭和46年) ロングウォール機5580型導入
1973年(昭和48年) アースロック式廃泥水処理法開発
1974年(昭和49年) ロンググラブバケット400XZ500型導入、鉄骨コンクリート地中連続壁工法開発
1977年(昭和52年) 「KRW工法(リバース掘削による土留め鋼管矢板沈設工法)」開発
1978年(昭和53年) 構真柱建込み用求心装置開発
1979年(昭和54年) 連続壁施工に伴う周辺地盤の挙動解析システム開発
1981年(昭和56年) 大口径掘削用リバース機MC500型導入(土岩兼用ビット装着)
1985年(昭和60年) (財)日本建築センターより「鴻池式拡底場所打ち杭工法(KOBELL工法)」の評定取得
1985年(昭和60年) (財)日本建築センターより「鴻池式地下連続壁工法(KSW工法)」の評定を取得し、本体壁を施工
1986年(昭和61年) 「砕石ドレーン工法」に対して土木学会技術開発賞受賞
1989年(平成元年) (財)日本建築センターより「アースドリル式拡底杭工法(ベルアース工法)」の評定取得
1990年(平成2年) (財)日本建築センターより「場所打ち鋼管コンクリート杭」の評定取得
1991年(平成3年) 超大型地中連続壁用EMX240機導入
1991年(平成3年) (財)国土開発技術センターより「ソイルセメント合成鋼管杭工法」の技術審査証明を取得
1992年(平成4年) 大深度大壁厚地中壁の掘削管理システム、安定液管理システムを開発。実証試験を実施し、「KSW-G工法」確立
1992年(平成4年) 運輸大臣より「締固め砕石ドレーン工法」の評価証を取得
1994年(平成6年) 圧密沈下促進と液状化防止に同時に機能する「複合ドレーン工法」を開発し、スーパー堤防の地盤改良工事に適用
1994年(平成6年) 「自動オープンケーソン(SOCS)」を共同開発(建設省総合技術開発プロジェクト)し、実証実験を担当
1995年(平成7年) 株式会社 ジオダイナミック設立
1999年(平成11年) 運輸大臣より「Geo-KONG工法」の評価証を取得
2000年(平成12年) (財)国土開発技術センターより「Geo-KONG工法」の技術審査証明を取得
2000年(平成12年) (財)土木研究センターより「TB杭工法」の技術審査証明を取得
2001年(平成13年) (財)土木研究センターより「つばさ杭工法」の技術審査証明を取得
2002年(平成14年) (独)土木研究所、(財)先端建設技術センターとの共同研究により「ねじ込み式マイクロパイル工法」の設計・施工マニュアル作成
2005年(平成17年) 株式会社 ジオダイナミックと鴻池組基礎部、鴻池建設(株)遺跡調査部統合
2009年(平成21年) CHR1号機(Φ400)製作
2014年(平成26年) ケーソン刃口洗浄機開発
2016年(平成28年) CHR5号機(Φ700)製作
2018年(平成30年) CHR6号機(Φ700)製作

 

 

 

 



Copyright(c) GEO DYNAMIC co.,ltd. All Rights Reserved.