PAGE TOP

CHR工法

TOP > 基礎工事 > CHR機による施工手順

CHR工法

事業所一覧
施工が困難であった、桁下の空頭制限、作業用地の制約等、厳しい条件下で鋼管杭の施工に優れ、経済的な基礎杭工法です。
CHR工法は、つばさ杭の中で杭径φ318.5~700mmつばさ径最大値2.5倍径(ネジ込み式マイクロパイルは杭径φ216mm、267mm)までを低空頭・狭隘地にて施工することが可能です。低振動低騒音、排ガス規制(オフロード法)対応機にて騒音・振動、環境負荷が少なく、狭い場所での施工が可能です。










ベースマシン 0.7m3
リーダー長 3.0〜5.1m
全幅 2.8m
全長 7.5〜7.9m
重量 30〜45ton
オーガー形式 中抜式
最大トルク 300〜500kN・m
斜杭仕様 15°(後方)
鋼管径 ø216〜ø700mm
最大慣入長 65m(実績値)
Copyright(c) GEO DYNAMIC co.,ltd. All Rights Reserved.